MENU

任意整理のメリット、デメリット

任意整理とは、将来の利息のカットや毎月の支払を今より低くすることを貸金業者と交渉し、借金を整理する手続きのことを言います。仙台市でもこの和解交渉は弁護士や司法書士が代理人となって行います。任意整理をすると利息制限法による再計算を行って借金を減額し、原則として金利はカットして元本のみを三年程度で返済することになります。任意整理のメリットとしては借金が減額されることのほかに、貸金業者からの督促の電話がすぐに止まることがあげられます。また財産の処分をしたり、特定の職業につけなくなることがありません。裁判所を通さないので、裁判所に提出する書類を用意したり出頭したりという手間もありません。官報に名前が載ることもないので、人に知られる心配もありません。過払い金が発生していたときは、過払い金請求によって受け取ることができます。任意整理のデメリットとしては、民事再生や自己破産などの手続きをした場合に比べれば、返済する額は大きくなるということです。そして任意整理をしたことは信用情報機関に記録が載ります。他の金融会社であってもこの情報を伝わりますので、5年間は新たな借入やクレジットカードやローンの利用はできなくなります。借金を減らして生活を立て直すためにどういった方法をとればいいのかは、個人の事情や状況によって答えはさまざまです。まずは仙台市にもある、専門家である弁護士事務所の無料相談を受けてみましょう。一番効果の高い方法を提案してくれます。